HbA1cで平均の血糖値を調べる

HbA1cで平均の血糖値を調べる

ヘモグロビンというのは、赤血球の中にあり、酸素を運搬するために存在しています。そして、このヘモグロビンが血液中を流れるブドウ糖と結合しているものがHbA1cなのです。

 

糖化ヘモグロビンと言われることもあるのですが、高血糖になるに連れて、グリコヘモグロビンになりやすくなります。そのため、糖尿病を発症している人の場合、HbA1cの数値も高くなりやすくなっています。

 

このHbA1cは血糖値とは違って、2ヶ月位の平均血糖値を調べることができるようになっています。通常の血糖値だと測定した時の血糖値しか調べることができませんから、正確に測定をすることは難しいのです。

 

ですので、糖尿病などの検査を受けるときには、必ずHbA1cの数値を調べることになります。

 

また、糖尿病の検査では、HbA1cの数値だけを調べるのではなく、1.5AGやフルクトサミン、グリコアルブミンなどの数値も調べていき、糖尿病を発症していないか、また治療をしているのであればどのように経過しているのかを調べることができるようになっているのです。

 

通常の血糖値というのは、検査をする時間や食事などによってかなり違ってくることになるのですが、HbA1cは平均値を測定することができるようになっています。
そのため、健康診断などの血液検査でも、検査結果にHbA1cの項目が記載されていることもあるのです。