HbA1cの数値が高くなってしまっていた場合

HbA1cの数値が高くなってしまっていた場合

血液中に含まれている赤血球の中にヘモグロビンが存在しているのですが、このヘモグロビンの何%くらいが当分と結びついているのかが分かる検査値になっているのがHbA1cといわれるものです。

 

血糖値が高くなってしまっている人は、それだけHbA1cの数値も高くなっていますし、反対に低血糖気味になっている人はHbA1cの数値も低いです。

 

通常の血糖値の場合は、現在の血糖の多さを数値化しているものなのですが、HbA1cの場合は1ヶ月から2ヶ月間の平均的な血糖値を測定することができるようになっています。ですので、より血糖の状態を把握しやすくすることができるようになっているのです。

 

血糖値というのは、食前は低く、食後は高くなります。ですので、通常の血糖値だとその時によって数値は違っているのですが、HbA1cはあくまでも平均的な数値になっていますから、より正確にわかるようになっているわけです。

 

正常の場合は、だいたいHbA1cの数値は5.4%未満になっていて、5.4%以上6.4未満でちょっと血糖値が高くなっいて境界型糖尿病と診断されることもあります。そして。6.5%を超えているのであれば、糖尿病の疑いもあります。

 

7%未満の状態であれば、糖尿病でも合併症になってしまう危険性は低いのですが、逆に数値が8%を超えている状態がキープされてしまうと、それだけ合併症を併発してしまう危険性が高くなってしまいます。

 

ですから、HbA1cが高いと分かったら、すぐにでも少しでもHbA1cの数値を改善できるように食事の栄養バランスやカロリー摂取量に気をつけるようにしていかなくてはなりませんし、運動をする習慣をつけるようにして、糖分を燃焼できるようにしていくようにしなくてはなりません。

 

そして、定期的にHbA1cの測定をするようにして、HbA1cの数値が上昇してしまっていないかどうかを把握しておくことも大切です。