HbA1cの数値が低くてもリスクはある

HbA1cの数値が低くてもリスクはある

糖質と赤血球雨が結合している状態のことをヘモグロビンA1cといいます。略してHbA1cというのですが、ここ1ヶ月から2ヶ月の間の血糖値の状態を測定することができるようになっており、糖尿病の進行状態などを調べるために使われているということが多いです。

 

人間ドック学会では、5.5%以下であれば正常値になっていて、6.5%以上になっているのであれば異常、5.5%〜6.5%までの間は注意が必要だということになっています。

 

糖尿病自体はそこまでの脅威ではないのですが、本当に怖いのは糖尿病による合併症です。

 

糖尿病の合併症によって腎不全になってしまって人工透析をしなくてはならなくなってしまったり、網膜症によって失明や視力低下をしてしまうことだってあります。さらに細胞返しをしてしまって足を切断しなくてはならなくなってしまったり、心筋梗塞などを誘発してしまうことだってあります。

 

そのため、これまではHbA1cの数値が低くなっている方が良いと考えられていました。ですが、最近の研究によって、HbA1cの数値が低くなっていても心臓や脳などと関係している病気になってしまう可能性はあるということが分かってきているのです。

 

国立がん研究センター内に、予防研究をしているグループがあるのですが、日本人の3万人の人を対象にして研究を行った結果、心血管疾患とHbA1cというのは密接な関係がある可能性があるということが統計学で分かったのです。

 

HbA1cの数値が高くなってしまっているということは、糖尿病を発症してしまっているということになり、心血管疾患を発症するリスクの指標として用いられていました。

 

この心血管疾患というのは、動脈瘤や心臓病、動脈硬化などの総称になっています。この他にも血管でつながっていますから、脳出血や脳梗塞も心血管疾患に該当されています。

 

正常値以下になっているとしても、心血管疾患に全くならないというわけではなく、ある程度のリスクがあるということが分かったのです。さらに、HbA1cの数値が高くなっていて異常と診断された人の場合も、当然心血管疾患のリスクはそれだけ高くなっています。

 

ただ、これまでHbA1cの数値が基準値よりも下回っているのであれば、心血管疾患のリスクはないと考えられていたのに、リスクはそれなりに高くなってしまっているという衝撃的な事実が判明したのです。