オリーブオイルでヘモグロビンA1cを低下させることは可能?

オリーブオイルでヘモグロビンA1cを低下させることは可能?

オリーブオイルというのは、ヘモグロビンA1cを下げてくれる働きがあるという説もあります。しかし、どうしてオリーブオイルでヘモグロビンA1cを低下させることが可能になっているのか不思議に思った人もいるのではないでしょうか?

 

今回はどうしてオリーブオイルがヘモグロビンA1cに対していいと言われているのかをご紹介していきたいと思います。

 

海外のある研究機関の発表によると、オリーブオイルを使うケースと他の種類のオリーブオイルを使った場合では異なっている点もあるのだそうです。比較してみると、ケットウチはオリーブオイルを使うようにしたほうが低下させやすいという内容になっていました。

 

このオリーブオイルには、オレイン酸といわれる一価不飽和脂肪酸がたくさん含まれているという特徴があります。オレイン酸というのは、ゆっくり研いで消化されるという特徴があるため、食事をしたとに一気に血糖値が上がりにくくなり、血糖値の低下のサポートをしてくれているのではないかとされています。

 

オリーブオイルを毎日飲むようにしたり、普段の生活習慣や食生活の見直しをすることで、血糖値が上昇しにくくなり、ヘモグロビンA1cの数値を下げやすくすることも期待できるようになります。

 

ただし、大量のオリーブオイルを飲むというのは良くありません。大量にオリーブオイルを飲んでしまうと、今度は肥満に発展してしまう可能性もあります。肥満というのは、血糖値が上昇しやすくなってしまいますので、適度に摂取するようにしましょう。